オフィス家具の処分費用は?見積り前に出張・持ち込み買取方法を比較!

オフィス家具の処分費用はいくらかかる?見積り前にオフィス家具の買取方法を徹底比較!

オフィス家具の処分をお考えですか?移転などで不要になったオフィス家具を処分するには、やはり費用がかかります。こちらでは、見積りを依頼する前にぜひ知っておきたいオフィス家具の処分費用と、出張や持ち込みなどのオフィス家具の買取方法をご紹介します。

オフィス家具・オフィス用品の処分費用はこんなにかかる?買取なら処分費用不要!

ボールペンと電卓

オフィスの移転や大掃除の際には、古くなったオフィス家具などの不用品が数多く出ますが、オフィスから出るごみは産業廃棄物となるため、家庭ごみのように無料で処分してもらうことができません。業者に見積りを依頼する前に、まずは処分にどれくらいかかるのか、処分費用の目安を把握しておきましょう。

運搬車両費

処分するオフィス家具を運搬するためには、運搬車両費が必要となります。車1台につき費用がかかり、2トン車1台で2~3万円、4トン車1台で3~4万円が目安です。

人件費

人件費はオフィス家具の廃棄作業を行う作業員にかかる費用で、作業員1人につき1~2万円ほどかかります。処分するオフィス家具の数が多いと、たくさんの作業員が必要となるので、処分するオフィス家具の量に比例して、人件費も高くなります。

養生費

処分するオフィス家具を運搬する際に、エレベーターやドアなどを傷つけないように、「養生テープ」や「養生シート」と呼ばれる専用のテープやシートで保護するのが養生です。養生が必要な場所によって金額は異なりますが、1,000円前後が目安です。

オフィス家具1点ごとの単価

オフィス家具の処分費用は、1点ごとに決めている場合や、重さで決めている場合など、業者によって異なります。1点ごとに単価を決めている場合では、イスは500~1,500円、デスクは1,000~4,000円、パーテーションは2,000~3,000円、ロッカーは3,000~5,000円が目安となります。ただし、大きさや年式などによって単価が異なるので、業者に見積りを依頼して確認しましょう。

このように、オフィス家具を処分するには様々な費用が必要となるので、出費をできるだけ抑えるためには、業者に買取に依頼することをおすすめします。業者に買取を依頼すれば、オフィス家具の処分費用がかからないだけではなく、買取してもらった分がプラスになるので、とてもお得です。

出張?持ち込み?オフィス家具の買取方法を比較

メリット、デメリット

業者に不要になったオフィス家具の買取を依頼する場合、以前までは店頭に持ち込む「持ち込み買取」が一般的でしたが、現在では業者がオフィスまで買取に来てくれる「出張買取」が増えています。持ち込み買取と出張買取の特徴を比較し、最適な買取方法を選びましょう。

持ち込み買取

持ち込み買取は昔ながらの買取方法で、店舗まで買取してもらいたいオフィス家具などを持ち込むため、「店舗買取」とも呼ばれています。

・メリット

持ち込み買取の場合、ほとんどがその場で買取した代金を支払ってくれます。また、店頭まで自ら持ち込むため、車両運搬費や出張作業費などがかかりません。

・デメリット

店舗まで持ち運ばなくてはならないので、手間と時間がかかります。また、近くに持ち込み買取を行っている店舗がないと、利用することができません。

出張買取

出張買取とはその名のとおり、業者がオフィスまで出張して買取を行うことです。

・メリット

出張買取はメールや電話で買取を依頼すると、業者がオフィスまで来て査定してくれるので、面倒な手間がかかりません。特に、オフィス家具は大型のものが多く、安全に運搬するには繊細な作業が必要となるので、プロに依頼することをおすすめします。

また、査定価格に合意すれば買取成立となり、その場で現金化することができます。他にも、オフィス家具以外のOA機器なども買取してくれたり、追加料金を支払うことで不用品を処分してくれたりする場合もあるので、別の業者に買取や処分を依頼する手間が省けます。

・デメリット

出張買取のデメリットは、予約した日時にオフィスにいなくてはならないことです。また、わざわざ出張してもらうので、査定価格に納得がいかない場合でも、断りにくいことが挙げられます。

オフィス家具の運搬を安全かつ効率的に行うためのポイント

オフィス家具の運搬は、移転や大規模な模様替えの際に避けられない作業です。しかし、運搬作業は適切に行わないと家具やオフィスの設備を傷つけてしまう可能性があります。ここでは、オフィス家具の運搬における注意点と効率的な手順を紹介します。

まず、運搬を始める前に、運搬する家具の大きさや重さを把握しておくことが重要です。大きな家具や重い家具は、一人で運ぶのは避け、複数人で協力して運ぶのが安全です。また、運搬中に家具が倒れたり滑ったりしないよう、しっかりと固定することも欠かせません。

次に、運搬ルートの確認と準備を行いましょう。運搬する際に使用するエレベーターや階段、通路の幅や高さを事前に確認し、運搬がスムーズに行えるように計画を立てます。特に、大型のオフィス家具を運ぶ場合は、エレベーターの容量や通路のサイズにも注意が必要です。

さらに、家具を保護するための養生も重要です。運搬中に家具が傷つかないよう、養生テープやシートを使用してしっかりと保護しましょう。これにより、運搬中の衝撃や擦れから家具を守ることができます。

最後に、プロの運搬業者に依頼することも一つの選択肢です。特に、大規模な移転や大量の家具を運ぶ場合は、プロの業者に依頼することで、安全かつ効率的に運搬を行うことができます。プロの業者は、経験と知識を持っているため、運搬作業をスムーズに進めることができるでしょう。

オフィス家具の運搬には、多くの注意点と準備が必要ですが、これらをしっかりと行うことで、安全かつ効率的に運搬を行うことができます。ぜひ、これらのポイントを押さえて、次回の運搬作業に活かしてください。

オフィス家具・オフィス用品の処分をご検討中ならソウユーに無料見積りをご依頼ください!

オフィスの移転や改装、廃業などで古いオフィス家具が不要になったら、どうぞソウユーに買取をご依頼ください。ソウユーでは、中古オフィス家具や中古オフィス用品、事務機器の撤去と買取を行っております。使用年数が長く買取できないお品物につきましては、格安で処分しておりますので、安心してご依頼いただけます。お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお申し込みください。

中古のオフィス家具に関するコラム

中古のオフィス家具の処分はソウユーへ

会社名 株式会社ソウユー
代表者 代表取締役 佐瀬 孝夫
設立年月日 平成3年3月27日
資本金 1,000万円
事業所所在地 神田店【本社】
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2丁目21−10
電話:03-5282-3611
FAX:03-5282-3637
松戸店 (JR常磐線松戸駅からタクシー15分)
〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田30
電話:047-703-6611
FAX:047-703-6622
龍ヶ崎倉庫(関東鉄道 関鉄竜ケ崎線 竜ケ崎行き 入地駅より徒歩約6分)
〒301-0005 茨城県龍ケ崎市川原代町2582
電話:0297-84-6595
FAX:0297-84-6596
産業廃棄物処理業 第219100147号
お取扱品目 オフィス家具(中古・新品)・OA機器・店舗用品・什器・電化製品・家具・厨房機器・工場倉庫備品・介護用品
サービス内容 オフィス商品の買取・販売・レンタル・店舗用品・什器等の買取、販売、貿易、中古販売・移設(引越し)に伴う、備品解体・撤去・移転
産業廃棄物収集運搬・内装リフォーム原状回復工事
サイトURL https://soyu.co.jp
https://soyu.shop
PAGE TOP