オフィス家具の処分は産業廃棄物になる?大量の家具を処分する際の注意点!査定前に必見

不用品になったオフィス家具の処分・買取依頼ならお任せ!
査定前に知っておきたい大量の家具を処分する際の注意点

ロッカーやソファーなど、オフィス家具を処分したい方もいらっしゃるでしょう。オフィス家具は産業廃棄物となるため、家庭のごみのように処分することができません。こちらでは、専門業者にオフィス家具の回収・引き取り・買取査定を依頼する前に知っておきたい、大量のオフィス家具を処分する際の注意点についてご紹介します。

大量のオフィス家具を処分すると産業廃棄物になる?

オフィス家具の不用品回収業者をお探しなら!

家庭で不要になったベッドやテーブルなどの家具を捨てる場合、自治体によっては無料で粗大ごみとして処分してくれますが、オフィスで不要になったデスクやキャビネットなどのオフィス家具は、どのように処分すればいいのでしょうか?

オフィス家具の処分方法について、次のことを把握しておくとよいでしょう。

オフィス家具は産業廃棄物になる

オフィスのごみは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。古紙や残飯、金属をあまり使用していないテーブルなどの木製のオフィス家具は、事業系一般廃棄物に含まれるので、一般廃棄物収集運搬業の許可を得た業者に処理を依頼することができます。

また、ロッカーやデスクなどの金属製のオフィス家具や、ガラス製やプラスチック製のオフィス家具は産業廃棄物に含まれるので、産業廃棄物処理業の許可を得た業者に処理を依頼しなければなりません。

処分する際は管轄する都道府県・政令指定都市(政令市)の許可が必要

産業廃棄物を処分する際には、環境や人体に大きな影響を与えるため、産業廃棄物の収集運搬や処理の許可を得ている業者に処分を依頼する必要があります。産業廃棄物処理を事業として行うためには、管轄する都道府県・政令市の許可を受けなければなりません。

オフィス家具やオフィス用品を処分する際は、産業廃棄物処分業の許可証を保有している業者に依頼しましょう。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付

産業廃棄物の収集運搬や処理を行う際には、廃棄物処理法によってマニフェストの交付が義務付けられています。業者に金属製・ガラス製・プラスチック製などのオフィス家具の処分を依頼した際には、必ずマニフェストを作成してもらいましょう。

業者がマニフェストを作成しない場合は法律違反となり、業者だけではなく、不用品の処分を依頼した事業所も罰せられるので注意が必要です。

専門業者に依頼すると、簡単に不要になったオフィス家具やOA機器を処分できますが、一度に大量のオフィス家具を処分する場合には、かなりの費用がかかってしまいます。できるだけ費用を抑えるためには、オフィス家具やOA機器の買取を行っている業者に、買取を依頼することをおすすめします。

オフィス家具を処分する際の注意点

注意点の文字・不用品となったロッカーなどオフィス家具の回収・処分の際の注意点

産業廃棄物であるオフィス家具の処分は、慎重に行う必要があります。間違った方法で処分してしまわないように、オフィス家具を処分する際の3つの注意点を把握しておきましょう。

許可を得ている不用品回収業者に依頼する

産業廃棄物の収集運搬や処理は、許可を得た業者しか行うことができません。そのため、オフィス家具やOA機器などの不用品の処分を依頼する際には、業者が許可を得ているのかを、しっかりと確認することが大切です。

業者が許可を得ているかどうかは、業者のホームページに掲載されている許可番号や、公益法人産業廃棄物処理事業振興財団が運営する「産業廃棄物処理業者検索」などで確認することができます。

複数の不用品回収業者に見積りを依頼する

オフィス家具の処分を依頼する際には、必ず複数の業者から見積りをとるようにしましょう。1社だけの見積りでは、見積り金額が適正かどうかを判断することができません。

また、オフィス家具1点ごとに設定された単価をもとに処分費用を計算したり、トラック1台分で計算したりと、業者によって見積り方法が異なります。オフィス家具の処分にかかる総額の料金とサービスの内容を比較して、処分を依頼する業者を選びましょう。

情報漏洩に気をつける

オフィス家具と一緒に、パソコンやコピー機、電話機やファックスなどのOA機器の処分を依頼する場合には、情報漏洩に気をつけなければなりません。顧客の情報や取引先の情報などが入っている場合は、回収前にできるだけ情報を削除します。

また、業者に不用品の処分を依頼する際には、情報の初期化を確実に行ってくれる信頼できる業者に依頼することが大切です。万が一、情報漏洩した場合には、顧客や取引先に大きな被害を与えるおそれもあるので、費用はかかってもしっかりと対応してくれる業者に依頼しましょう。

東京でオフィス家具をリサイクル・リユースする方法とポイント

オフィス家具の処分方法だけでなく、リサイクルやリユースの方法を知っておくことも重要です。多くのオフィス家具はまだ使える状態で廃棄されることが多く、環境にも経済的にももったいないです。こちらでは、東京でオフィス家具をリサイクルする方法とリユースするためのポイントについてご紹介します。

まず、オフィス家具のリサイクルについてです。リサイクルとは、不要になった家具を素材ごとに分解し、新しい製品として再利用することです。例えば、金属製のデスクやロッカーは、金属部分を再生し、別の製品に生まれ変わることができます。木製の家具もチップにして再利用することが可能です。リサイクルを行う際には、専門のリサイクル業者に依頼することが必要です。東京には多くのリサイクル業者が存在し、オフィス家具の処分を手軽に依頼することができます。

次に、リユースの方法です。リユースとは、不要になった家具をそのままの形で再利用することです。例えば、オフィスの引っ越しやレイアウト変更で不要になったデスクや椅子を、他の企業や団体に譲渡することが考えられます。譲渡することで、廃棄コストを削減でき、受け取った側も新たに家具を購入する必要がなくなります。東京には、オフィス家具のリユースを支援する団体やウェブサイトが多数あり、簡単にリユースを実現することができます。

さらに、オフィス家具のリサイクルやリユースを促進するためには、日常的なメンテナンスも重要です。家具の寿命を延ばすために、定期的な清掃や修理を行いましょう。特に、キャスター付きの椅子やデスクの脚部など、摩耗しやすい部分は定期的に点検し、必要に応じてパーツの交換を行うことで、長期間使用することができます。

リサイクルやリユースは、環境に優しいだけでなく、企業にとってもコスト削減のメリットがあります。オフィス家具を処分する前に、一度リサイクルやリユースの方法を検討してみてはいかがでしょうか。東京でオフィス家具の処分を検討している方は、これらの方法を活用することで、無駄を減らし、サステナブルなオフィス運営を実現することができます。

不用品となったロッカーなどのオフィス家具処分・回収・買取査定はソウユーへ!

オフィス家具の処分をお考えなら、専門業者に処分を依頼する前に、まずは買取業者に買取を依頼することをおすすめします。

ソウユーは、オフィスの撤去や店舗移転の際に出るロッカーなどの中古オフィス家具やOA機器、店舗備品や厨房機器といった不用品の回収・処分・買取を行っております。大型トラックを複数台所有しているソウユーなら、オフィス家具の大規模な撤去や処分、移転にも対応可能です。東京・関東エリアでオフィス家具の処分・買取をご検討でしたら、お気軽に査定をご依頼ください。

中古のオフィス家具に関するコラム

オフィス家具の処分は出張査定も対応のソウユーへ

会社名 株式会社ソウユー
代表者 代表取締役 佐瀬 孝夫
設立年月日 平成3年3月27日
資本金 1,000万円
事業所所在地 神田店【本社】
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2丁目21−10
電話:03-5282-3611
FAX:03-5282-3637
松戸店 (JR常磐線松戸駅からタクシー15分)
〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田30
電話:047-703-6611
FAX:047-703-6622
龍ヶ崎倉庫(関東鉄道 関鉄竜ケ崎線 竜ケ崎行き 入地駅より徒歩約6分)
〒301-0005 茨城県龍ケ崎市川原代町2582
電話:0297-84-6595
FAX:0297-84-6596
産業廃棄物処理業 第219100147号
お取扱品目 オフィス家具(中古・新品)・OA機器・店舗用品・什器・電化製品・家具・厨房機器・工場倉庫備品・介護用品
サービス内容 オフィス商品の買取・販売・レンタル・店舗用品・什器等の買取、販売、貿易、中古販売・移設(引越し)に伴う、備品解体・撤去・移転
産業廃棄物収集運搬・内装リフォーム原状回復工事
サイトURL https://soyu.co.jp
https://soyu.shop
PAGE TOP